素人が作った定款

ある会社から定款のチェックをお願いしますと渡された原始定款。

一目見てみたら、最近設立された会社なのに、電子定款ではない。

 

作成代理人の名前をググってみても、名前が出てこない。

 

「これは嫌な予感…」

とまじまじとチェックすると、こんな私でもこの条項はいれないなぁと思う規定がおかれておりました。

ひとつ個人的に思ったのは「株主総会に出席しない株主が書面によって議決権を行使することができる」という規程。

 

株主は数人いたのですが、少数の株式を保有しているだけで経営に参画していない株主がおりました。1つ目の規定がおかれていると、株主総会を開く際、書面で通知しなくてならなくなります。

 

会社担当者は、書面で通知なんてと面倒な手続きは避けたいところです。

 

こと円満に行っている株主さんならそれでもいいのですが、円満でないときには、このような事もきちんとやっておかないと株主総会取消しにもなりかねません。

 

私が会社設立をする際は、定款にこの規定は置かないのですが、このような規定が置かれていたところ見ると、「あー、素人に頼んで設立費用をケチったんだなぁ」と思ったりもします。

 

是非、司法書士を利用して頂きたいものです。費用はかかりますが^^;

 


文京区の司法書士 いとう司法書士事務所

http://itou-legal.jimdo.com/

TEL:03-3868-2276 FAX:03-6369-3428

↓よかったら応援クリックお願いします!! にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ人気ブログランキングへ


サイト内検索はこちら

外部コンテンツ

名古屋遺言・相続サポートセンター
↑↑遺言・相続に関する詳しい情報はこちら↑↑

事務所アクセス

アクセス方法はこちら

ブログ

司法書士いとやんの徒然草

↑↑司法書士の脱力系ブログ↑↑

対応地域

【愛知県】

津島市、 稲沢市、愛西市、弥富市、あま市、飛島村、蟹江町、大治町、一宮市、清洲市、名古屋市等

【岐阜県】

海津市、大垣市、多治見市等

【三重県】

桑名市、木曽岬町等

【対応地域最寄駅】

名鉄線沿線津島、藤浪、日比野、佐屋、五ノ三、弥富駅など、近鉄線桑名、弥富、佐古木、富吉、近鉄蟹江、戸田、伏屋など、関西本線桑名、弥富、永和、蟹江、春田、八田など、養老鉄道桑名、播磨、下深谷、下野代、多度、美濃松山など

リンク集

SNS