出資の履行

定款を作成した後、発起人は資本金を払込む必要があります。

 

資本金の払込をする時期

 資本金を払込む時期については、定款の認証を受けた後と説明しているサイトがありますが、少なくとも東京の法務局では、定款の認証前に払込んでも問題ありません。

 しかし、定款の作成又は設立時発行株式に関する事項の発起人の同意後である必要があります。

 

払込みをする場所・方法

 払い込む金融機関は、銀行、信託銀行、商工組合中央金、農業協同組合など一定の金融機関でなければなりません。

 ゆうちょ銀行や外国銀行支店も払込取扱機関となることができます。

 

 払込みの方法としましては、振込・入金どちらでも構ません。振込・入金する回数は1回で1度にする必要はなく、複数回に分けてもOKです。また、出資にかかる払込金額以上になっていても差支えはありません。

 

 

通帳のコピーをとる

 払込みをした預金通帳のコピーが、添付書類となります。以下の通り、通帳の表紙、表紙裏面、払込みをした事が分かるページ、以上3点をコピーしてください。

 

払込みを証する書面

サイト内検索はこちら

外部コンテンツ

名古屋遺言・相続サポートセンター
↑↑遺言・相続に関する詳しい情報はこちら↑↑

事務所アクセス

アクセス方法はこちら

ブログ

司法書士いとやんの徒然草

↑↑司法書士の脱力系ブログ↑↑

対応地域

【愛知県】

津島市、 稲沢市、愛西市、弥富市、あま市、飛島村、蟹江町、大治町、一宮市、清洲市、名古屋市等

【岐阜県】

海津市、大垣市、多治見市等

【三重県】

桑名市、木曽岬町等

【対応地域最寄駅】

名鉄線沿線津島、藤浪、日比野、佐屋、五ノ三、弥富駅など、近鉄線桑名、弥富、佐古木、富吉、近鉄蟹江、戸田、伏屋など、関西本線桑名、弥富、永和、蟹江、春田、八田など、養老鉄道桑名、播磨、下深谷、下野代、多度、美濃松山など

リンク集

SNS